ティルティルクッションファンデの違いと色選びを解説

アフィリエイト広告を利用しています。

美しいベースメイクを手軽に叶えるクッションファンデーション。

その中でも、韓国発の話題のブランドであるティルティルのクッションファンデーションが注目を浴びています。

でも、色々な種類があってどれを選べばいいのか悩んでしまいますよね。

そこで、今回はティルティルのクッションファンデーションの違いについて詳しく解説します。

カバー力、仕上がり、崩れにくさ、そして肌に与える効果など、あなたが知りたい情報を一挙にお届けします。

 

ティルティル クッションファンデの違い

基本情報

ティルティルのクッションファンデーションは、赤、ピンク、黒、シルバーなどさまざまなカラーバリエーションがあります。

それぞれのカラーには異なる特徴があり、肌のトーンや個人の好みに合わせて選ぶことが大切です。

例えば、カバー力に優れた赤や黒は、気になるシミやニキビ跡をしっかりとカバーしてくれます。

一方、ピンクやシルバーは、透明感やツヤ感を与えながらナチュラルな仕上がりを演出してくれます。

さらに、ティルティルのクッションファンデーションは崩れにくさも魅力の一つです。

特殊なテクスチャーと優れたフィット感により、メイク崩れの心配を最小限に抑えてくれます。

長時間の使用でも、肌に密着し美しい仕上がりをキープすることができるのです。

また、ティルティルのクッションファンデーションは肌に優しい成分が配合されており、肌トラブルの原因となることも少ないと言われています。

保湿効果や紫外線対策など、肌に必要なケアもしっかりと叶えながら、美しいメイクを楽しむことができます。

 

■クッションファンデとは

クッションファンデは、スポンジ状のクッションにリキッドファンデーションが浸み込んでおり、パフを使って肌にのせることでメイクを行います。

その特徴は、リキッドファンデーションのみずみずしさと、パウダーファンデーションのサラサラ感を併せ持っていることです。

クッションファンデを使うメリットとしては、簡単に綺麗な仕上がりを実現できる点が挙げられます。

 

種類とカラーバリエーション

ティルティルのクッションファンデには、赤、ピンク、黒の3つのカラーバリエーションがあります。

これらの色にはそれぞれ異なる特徴があります。

以下にそれぞれの色の特徴をまとめました。

 

MASK FIT RED CUSHION

赤のクッションファンデは、カバー力を重視する方におすすめです。

肌のトーンが明るめの方や、くすみをカバーしたい方に適しています。

カバー力が高く、色ムラや目のクマなどをしっかりとカバーすることができます。

また、ファンデーションを重ねづけせずに、皮膚表面に薄く均一な仕上がりを与えてくれます。

 

MASK FIT ALL-COVER CUSHION

ピンクのクッションファンデは、他の色と比較してカバー力が高いと言われています。

肌のトーンが中間からやや明るめの方や、色ムラをカバーしたい方に適しています。

ピンクのクッションファンデを単体で使用しても、肌表面に綺麗な皮膜を形成し、均一な仕上がりを実現します。

 

MASK FIT CUSHION

黒のクッションファンデは、カバー力はあまり高くありませんが、薄づきでナチュラルな仕上がりを提供します。

肌のトーンがやや濃いめの方や、自然な仕上がりを求める方に適しています。

単体で使用する場合には、色ムラや目のクマを完全にカバーすることは難しいかもしれません。

一般的には、コンシーラーの後にクッションファンデを使用し、最後にフェイスパウダーで仕上げる方法が推奨されています。

 

ティルティル クッションファンデの選び方

自分の肌質に合わせた選び方のポイント

ティルティルのクッションファンデは3種類のカラーバリエーションがありますが、東洋人の肌トーンに合わせた展開となっています。

具体的なカラー名は以下の通りです:

  • 17n porcelain
  • 21n ivory
  • 23n sand

クッションファンデのカラー選びに失敗しないためには、自分の肌の明るさやトーンに合ったカラーを選ぶことが重要です。

明るさやトーンに関しては、実際に製品のカラーを比較して選ぶか、メイクカウンターや専門店でサンプルを試すことがおすすめです。

また、肌質に合わせて選ぶポイントとしては、以下を参考にしてください。

■カバー力:

クッションファンデのカバー力は肌の気になる部分をカバーする能力を指します。

カバー力が高いと肌の色ムラやシミなどをしっかりとカバーしてくれます。

自分の肌の悩みやニーズに合ったカバー力を選ぶことが重要です。

■テクスチャー:

クッションファンデのテクスチャーは、クリーム状やリキッド状など様々です。

自分の肌質に合ったテクスチャーを選ぶことで、肌への密着度やつけ心地が異なるため、自然な仕上がりを実現できます。

■保湿性:

クッションファンデの保湿性は肌の乾燥を防ぐ効果があります。

乾燥肌の場合は保湿成分が豊富なクッションファンデを選ぶことがおすすめです。

■SPF値:

クッションファンデの中には日焼け止め効果(SPF)を持つものもあります。

自分の日焼けしやすい肌や外出頻度に合わせて、適切なSPF値を選ぶことが重要です。

 

これらのポイントを考慮することで、自分の肌質に合ったティルティルのクッションファンデを選ぶことができます。

 

パーソナルカラーによるカラー選びのポイント

ティルティルのクッションファンデをパーソナルカラーによって選ぶ際のポイントを以下にまとめました。

■スキントーンに合った色選び:

パーソナルカラーによって、あなたのスキントーンや肌の色味が分類されます。

一般的な分類では、ウォームトーン(イエローベース)やクールトーン(ピンクベース)などがあります。

自分のスキントーンに合ったクッションファンデの色を選ぶことで、自然な肌色を演出できます。

■クッションファンデのカラーバリエーションを確認:

ティルティルのクッションファンデは複数のカラーバリエーションがあります。

各色がどのようなトーンやアンダートーンを持っているかを確認しましょう。

ウォームトーン向けのイエローベースの色やクールトーン向けのピンクベースの色など、自分のパーソナルカラーに合った選択肢を見つけることが重要です。

■サンプルやテスターを活用:

クッションファンデを選ぶ際には、メイクカウンターや専門店での相談やサンプル試供品の利用をおすすめします。

肌に直接試してみることで、自分のスキントーンやパーソナルカラーに合った色を見つけることができます。

■カバー力や仕上がりのイメージを考慮:

パーソナルカラーによる選び方だけでなく、クッションファンデのカバー力や仕上がりのイメージも考慮しましょう。

自分の肌の悩みやメイクの目的に合ったカバー力や仕上がりを選ぶことが大切です。

ティルティルのクッションファンデには、カバー力や仕上がりの異なるタイプがある場合もありますので、比較して選ぶと良いでしょう。

 

以上が、ティルティルのクッションファンデをパーソナルカラーによって選ぶ際のポイントです。自分のスキントーンや好みに合わせて、最適な色を見つけてください。

 

ティルティル クッションファンデの特徴

カバー力について

ティルティルのクッションファンデは、メイク崩れに悩む方にもおすすめとされており、カバー力に優れていると言われています。

このクッションファンデは、毛穴や肌荒れ、赤みなどの肌トラブルをしっかりとカバーすることができ、カバー力を求める人にぴったりのアイテムとされています。

 

質感と仕上がり

ティルティルのクッションファンデは、色によって質感や仕上がりが異なるようです。

赤のティルティルクッションファンデは、毛穴などの気になる部分をしっかりカバーする質感で、カバー力を重視したい方に向いているようです。

ピンクのクッションファンデは、厚塗り感を抑えたセミマットからマットな肌質になることができ、カバー力も高めです。

黒のクッションファンデは、自然な仕上がりでツヤ感を出すことができるとされています。

ティルティルのクッションファンデの質感と仕上がりの違いは、赤がカバー力を重視した質感、ピンクがセミマットからマットな質感、黒が自然でツヤ感のある質感となることが分かりました。

個々の色によって異なる仕上がりを楽しむことができるでしょう。

 

 肌へのフィット感と持続力

ティルティルのクッションファンデは、肌に密着し、もちもちとした質感を与えることができます。

肌への密着力が高く、フィット感があります。

また、植物由来のエコネットフィルムが肌に薄く密着し、濃密なカバーを実現しています。

さらに、ティルティルのクッションファンデは持続力があります。

72時間持続するオーラ光彩クッションとして位置づけられており、肌の中から密着して積み重ねることができます。

ティルティルのクッションファンデは肌へのフィット感が高く、密着力があります。

また、持続力も優れているため、長時間メイクが崩れにくい特徴があるようです。

これにより、肌に自然な仕上がりを与えながら、美しいメイクを持続させることができます。

 

ティルティル クッションファンデの使い方とコツ

プライマーの使用方法

一般的に、クッションファンデの前にプライマーを使用することで、メイクのベースを整え、ファンデーションのホールド力やノリを向上させることができます。

以下に一般的なクッションファンデとプライマーの使用方法をまとめました。

クッションファンデの使用方法:

  • パフに適量のクッションファンデを取ります。余分な量はティッシュなどで軽く押さえて調節しましょう。
  • パフを肌に軽く押し付けるようにして、内側から外側に向かって均一に伸ばします。
  • 必要に応じて、追加のクッションファンデを使用してカバー力を調節します。

プライマーの使用方法:

  • プライマーをクレンジングやスキンケアの後、メイクの前に使用します。
  • 適量のプライマーを手に取り、指先や専用ブラシを使って顔全体に均一になじませます。
  • 特に毛穴やテカリが気になる部分に重点的にプライマーをなじませると効果的です。

 

クッションファンデの塗り方とブレンド方法

一般的なクッションファンデの塗り方とブレンド方法は以下の通りです。

塗り方のポイント:

  • パフに適量のクッションファンデを取ります。余分な量はティッシュなどで軽く押さえて調節しましょう。
  • パフを肌に軽く押し付けるようにして、内側から外側に向かって均一に伸ばします。
  • 必要に応じて、追加のクッションファンデを使用してカバー力を調節します。
  • 塗布後、指で軽くトントンと叩くことで肌になじませ、自然な仕上がりにします。

ブレンド方法のポイント:

  • クッションファンデを塗った後、ブレンドするためにクッションファンデの周りに指を当て、円を描くようにしてなじませます。
  • フェイスラインや顎のライン、鼻の周りなど、クッションファンデが均一になじむように特に注意します。
  • ブレンドする際には、力を入れすぎずに優しくなじませることが重要です。

 

仕上げのパウダーとの相性

クッションファンデーションは、リキッドファンデーションとパウダーファンデーションのいいとこ取りをした商品であり、肌に自然な仕上がりを与えることができます。

そのため、仕上げにパウダーを使用することは一般的です。

 

パウダーを使用することで、クッションファンデーションの持ちをよくし、化粧崩れを防ぐ効果が期待できます。

パウダーはクッションファンデーションの上から薄くのせることで、メイクを固定し、長時間美しい仕上がりをキープすることができます。

 

ただし、パウダーの種類や質感によって相性が異なることもあります。

クッションファンデーションはもともとツヤ感のある仕上がりを目指すため、マットな質感のパウダーを使用すると、肌の自然な輝きを損ねてしまう可能性があります。

そのため、クッションファンデーションの仕上がりと調和するセミマットな質感のパウダーを選ぶことがおすすめです。

また、パウダーの量やのせ方も重要です。

適量のパウダーをブラシやパフで軽く顔全体になじませることで、均一な仕上がりを得ることができます。

過剰にパウダーをのせてしまうと、クッションファンデーションのツヤ感が損なわれる可能性がありますので、控えめに使用することがポイントです。

 

最終的な仕上がりに満足するためには、自分の肌質や好みに合わせてクッションファンデーションとパウダーの組み合わせを試してみてください。

肌の状態や気候によっても相性が異なる場合がありますので、自分に合った組み合わせを見つけるためには実際に試してみることが重要です。

 

ティルティル クッションファンデの口コミ

使用者の口コミによると、ティルティルのクッションファンデはカバー力が高く、メイク崩れにくいという評判があります。

特にマスクにつきにくいとの声もあり、マスクを着用しながらでも美しい仕上がりを保つことができるようです。

また、使用感も軽やかで肌に自然なツヤを与えるといった意見もあります。

 

ただし、個人の肌質や好みによって感じ方は異なるため、必ずしも全ての人にとって良いとは限りません。

肌の状態や気候によっても異なる場合がありますので、自分の肌に合うかどうかを確認するためには、実際に試してみることが重要です。

 

 

 

 

ティルティル クッションファンデのおすすめの使い方

ナチュラルメイクに適した使い方

■適量の使用:

ナチュラルメイクをする場合は、クッションファンデを控えめに使用しましょう。

指や専用のパフで適量を取り、顔全体に薄く伸ばすと自然な仕上がりになります。

多くの量を使うと厚塗りになり、逆にナチュラルさを損ねてしまう可能性があります。

■パーツに重ね付け:

ティルティルのクッションファンデは、一度塗りでもナチュラルな仕上がりが期待できます。

しかし、気になる部分や肌のトーンを均一にしたい場合は、少しずつ重ね付けしていきましょう。

重ね付けしてもムラになりにくい特徴があるため、自然なカバー力を調整することができます。

■ブレンディング:

ナチュラルメイクをするためには、クッションファンデを肌に馴染ませることが重要です。

指や専用のパフを使って、丁寧にファンデーションを肌になじませるように馴染ませましょう。

特に顔の輪郭やヘアラインなど、境目が目立ちやすい部分には注意を払いながらブレンディングしてください。

■フィニッシングパウダーの使用:

ナチュラルメイクの仕上げには、フィニッシングパウダーを使用することをおすすめします。

ティルティルのクッションファンデはマットな仕上がりを目指すこともできますが、自然なツヤ感を残したい場合は、テカリを抑える程度の薄いフィニッシングパウダーを軽く乗せると良いでしょう。

 

カバーメイクに適した使い方

■ナチュラルな仕上がりを求める場合:

ティルティルのクッションファンデーションは、黒のパッケージのものが最もナチュラルな仕上がりです。

薄付きなので、素肌感を残しながら自然にカバーすることができます。

■クッションファンデーションを使ったメイク直しの方法:

メイク直しの際には、2つのステップがおすすめです。

まず、ティッシュで余分な皮脂をオフします。

次に、クッションファンデーションを気になる部分にポンポンとなじませるだけです。

■ミスト化粧水の使用:

乾燥が気になるときやツヤ肌を演出したい場合は、クッションファンデーションを塗る前にミスト化粧水を使用することをおすすめします。

水分補給をすることで、うるおいのある肌を実現できます。

■クッションファンデーションの色の選び方:

ティルティルのクッションファンデーションは、MASK FIT CUSHIONという4色展開があります。

厚塗りにならない使い方のポイントとして、自分の肌のトーンに合った色を選ぶことが重要です。

 

 ブラシやスポンジの使い分け

■ブラシの使い方:

クッションファンデーションに使えるブラシとしては、フラット型や平丸型、歯ブラシ型のリキッド向けのものが選ばれます。

ブラシを使用する場合は、適量のファンデーションをブラシに取り、顔全体にムラなくなじませるように軽くなでるように塗布します。

■スポンジの使い方:

クッションファンデーションには、通常専用のパフやスポンジが付属しています。

スポンジを使う場合は、クッションに軽く押し込んで適量のファンデーションを含ませ、顔にポンポンと叩くようになじませます。

スポンジを使うことで、より薄付きで自然な仕上がりを実現できます。

 

ティルティルのクッションファンデーションを使用する際は、好みや使用感に合わせてブラシやスポンジを使い分けてみてください。

それぞれの使い方によって異なる仕上がりやメイクの密着度が得られるかもしれません。

 

まとめ

ティルティルのクッションファンデーションには、黒、ピンク、赤、銀などの異なるパッケージカラーがあります。

それぞれのカラーには特徴や効果があり、イエベやブルべ、乾燥肌や敏感肌に合わせて選ぶことができます。

また、それぞれのクッションファンデーションのカバー力や仕上がり、つけ心地、崩れにくさが異なるため、個々の特徴に合わせて選ぶことが重要です。

ティルティルのクッションファンデーションは、色ごとの違いやカバー力によって選び方が異なることが分かります。

それぞれの特徴や口コミを参考にしながら、自分の肌の状態や好みに合ったクッションファンデーションを選ぶことが大切です。

ご自身のニーズに合ったティルティルのクッションファンデーションを見つけて、自然で美しいベースメイクを楽しんでください。

 

タイトルとURLをコピーしました